Difference between revisions of "VS:SetDefGenStoryBound/ja"

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search
 
m (1 revision: 2017 JP S)
 

Latest revision as of 01:51, 11 January 2017

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix

Description

kObjXPropSupportGenericStoryLevelプロパティを持つプラグインオブジェクトのデフォルトのストーリ高さ基準情報を設定します。
FUNCTION SetDefGenStoryBound(
format  :HANDLE;
boundType  :INTEGER;
boundStory  :INTEGER;
layerLevelType  :STRING;
offSet  :REAL) : BOOLEAN;
def vs.SetDefGenStoryBound(format, boundType, boundStory, layerLevelType, offSet):
    return BOOLEAN

Parameters

format HANDLE プラグインオブジェクト定義のレコードフォーマット
boundType INTEGER 高さ基準のタイプ:
boundStory INTEGER 高さを参照するストーリ:
layerLevelType STRING ストーリレベル
offSet REAL 高さオフセット

Return Value

デフォルトの高さを設定できた場合TRUEを返します。 引数のオブジェクトがレコードフォーマットでなかった場合、kObjXPropSupportGenericStoryLevelプロパティーを持つプラグインと関連付けられていなかった場合FALSEを返します。

Version

利用可能バージョン: Vectorworks 2017

See Also

関連関数:

VS:GetDefGenStoryBound

関連関数: [[VS:GetDefGenStoryBound]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages