Vectorworks Scripting/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.Vectorworks Scripting|Scripting ..Python|Python Scripting ..VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix

Vectorworks では二つの方法でスクリプティングできます: Python (Vectorworks 2014以降) と VectorScriptです。

Python スクリプティング

Vectorworks 2014 では VectorScriptに加えて、[Python] 言語がメニューコマンド、オブジェクト、ツール、あるいは一般的なスクリプトのために利用できるようになりました。

Python のページにより詳しい情報があります。

VectorScript

VectorScript はPascalライクな言語で、Vectorworksでスクリプティングを可能にします。

VectorScript の関数リファレンスは こちら.

main VectorScript category をたどって情報を探すこともできます。

一般的な例

スクリプトのインストール

プラグインを作ると、ユーザーフォルダーのプラグインフォルダーに全て保存されます。Vectorworksを実行する度に、そのフォルダーにある全てのプラグインが再帰的に(ショートカットを含めて)ロードされます。いずれかのスクリプト言語で作ったプラグインを他のマシンや、Vectorworksで実行したいこともあるでしょう。Vectorworksプラグインマネージャを使うとスクリプトや他のコンテンツを含んだパッケージをインストールすることができます。単純なインストール例では、指定したプラグイン(zipファイルで)をユーザープラグインフォルダーへ単純にコピーします。インストール用スクリプトが用意されている場合は、そのスクリプトも実行されます。より詳しい説明や事例は、以下のリンクをたどってください。

バージョン情報

非推奨関数の一覧

非推奨関数のすべてのバージョン一覧はこちら:

VS:Obsolete Functions Table

Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages