VS:TrackObjectN/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix

Description

インタラクティブに(ハイライトさせながら)条件に合致したオブジェクトを選択します。

コールバック関数 (目的に応じて次のいずれか):

FUNCTION Callback(h : HANDLE): BOOLEAN;
FUNCTION CheckObjCallback(h : HANDLE; px, py : REAL) : BOOLEAN;
FUNCTION CheckObjCallback(h : HANDLE; px, py, pz : REAL) : BOOLEAN;

を使ってこの関数から返すオブジェクトを選択することができる。
]パラメータの px,py,pz には書類の単位でカーソル位置が渡される
コールバック関数は図形の上を通過したり、クリックしたりすると呼ばれる

コールバック関数は渡されたハンドルを返す時にTRUEを返します

PROCEDURE TrackObjectN(
traverseType  :INTEGER;
callback  :PROCEDURE;
VAR outObj  :HANDLE;
VAR p  :REAL);
def vs.TrackObjectN(traverseType, callback):
    return (outObj, p)

Parameters

traverseType INTEGER 書類をどのようにたどるか指定します。
callback PROCEDURE マウスの動きに追従する必要があるとうか判断するためコールバック関数
outObj HANDLE コールバック関数がTRUEを返した図形のハンドル
p REAL マウスクリックの座標を返します

Example

PROCEDURE Test;
VAR
  h : HANDLE;
  x, y, z : REAL;
  
  FUNCTION CheckObjCallback(h : HANDLE) : BOOLEAN;
  {or FUNCTION CheckObjCallback(h : HANDLE; px, py : REAL) : BOOLEAN;}
  {or FUNCTION CheckObjCallback(h : HANDLE; px, py, pz : REAL) : BOOLEAN;}
  BEGIN
     {any object is ok}
     CheckObjCallback := TRUE;
  END;

BEGIN
	TrackObjectN( 0, CheckObjCallback, h, x, y, z );
	SetSelect( h );
END;
RUN( Test );

Version

Availability: from Vectorworks 2014

See Also

VS Functions:

VS:TrackObject | VS:GetPickObjectInfo

VS Functions:

[[VS:TrackObject]]

| [[VS:GetPickObjectInfo]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages