VS:SetWSCellBorder/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix


Description

ハンドルで指定したワークシートの、指定したセルの枠線を設定します。


セルの範囲を指定して枠線の属性を設定します。1つのセルに枠線の属性を設定するには、上下左右の範囲を指定するパラメータに同じ値を設定します。

PROCEDURE SetWSCellBorder(
worksheet  :HANDLE;
topRow  :INTEGER;
leftColumn  :INTEGER;
bottomRow  :INTEGER;
rightColumn  :INTEGER;
top  :BOOLEAN;
left  :BOOLEAN;
bottom  :BOOLEAN;
right  :BOOLEAN;
outline  :BOOLEAN);
def vs.SetWSCellBorder(worksheet, topRow, leftColumn, bottomRow, rightColumn, top, left, bottom, right, outline):
    return None

Parameters

worksheet HANDLE ワークシートのハンドル
topRow INTEGER 上の行
leftColumn INTEGER 左の列
bottomRow INTEGER 下の行
rightColumn INTEGER 右の列
top BOOLEAN 上の枠線
left BOOLEAN 左の枠線
bottom BOOLEAN 下の枠線
right BOOLEAN 右の枠線
outline BOOLEAN 周りの枠線

Version

SetWSCellBorder 廃止バージョン: VectorWorks12.0


利用可能バージョン: VectorWorks9.0


Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages