VS:HierLBItemOpened/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix


Description

ユーザがコンテナアイテムを開くためにクリックすると呼び出されます。閉じている下位レベルコンテナ内にない限り、非表示だったコンテナ内のアイテムを再表示します。
PROCEDURE HierLBItemOpened(
dialogID  :LONGINT;
componentID  :LONGINT;
itemIndex  :INTEGER;
recursive  :BOOLEAN;
VAR numbRedisplItems  :INTEGER);
def vs.HierLBItemOpened(dialogID, componentID, itemIndex, recursive):
    return numbRedisplItems

Parameters

dialogID LONGINT ダイアログ番号
componentID LONGINT リストブラウザ番号
itemIndex INTEGER クリックされたコンテナアイテムの番号
recursive BOOLEAN 下位レベル全てを再表示するかどうか
numbRedisplItems INTEGER 再表示されたコンテナアイテムの数

Version

利用可能バージョン: Vectorworks 2013

See Also

関連関数:

VS:HierLBItemClosed

関連関数: [[VS:HierLBItemClosed]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages