VS:GetObjWallBreakMode/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix

Description

壁に挿入したオブジェクトの、壁の処理モードを返します。

1 - 線を消す(小口あり)
2 - 線を消す(小口なし)
3 - 線を見せる(一方のみ)
4 - 線を見せる(両方)

オブジェクトが壁に挿入されている必要があります。

FUNCTION GetObjWallBreakMode(
objH  :HANDLE;
wallH  :HANDLE;
VAR breakMode  :INTEGER) : BOOLEAN;
def vs.GetObjWallBreakMode(objH, wallH, breakMode):
    return (Boolean, breakMode)

Parameters

objH HANDLE
wallH HANDLE
breakMode INTEGER

Return Value

壁の処理を正常に取得できた場合にTrueを返します。

次のような場合にFalseを返します:
オブジェクトのハンドルが null
壁のハンドルが null
オブジェクトが壁に挿入されていない

Version

利用可能バージョン: Vectorworks 2017
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages