VS:GetLayoutDialogPosition/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix


Description

ダイアログウインドウの位置を検索し、ピクセルで返します。
FUNCTION GetLayoutDialogPosition(
dialogID  :LONGINT;
VAR left  :INTEGER;
VAR top  :INTEGER;
VAR right  :INTEGER;
VAR bottom  :INTEGER) : BOOLEAN;
def vs.GetLayoutDialogPosition(dialogID):
    return (BOOLEAN, left, top, right, bottom)

Parameters

dialogID LONGINT ダイアログ番号
left INTEGER 左(ピクセル)
top INTEGER 上(ピクセル)
right INTEGER 右(ピクセル)
bottom INTEGER 下(ピクセル)

Return Value

TRUE:ダイアログウインドウの位置が検索されました。

FALSE:ダイアログウインドウの位置が検索されませんでした。存在していないか、ダイアログ番号が無効のようです。ダイアログウインドウはSetupメッセージとOK/Cancelメッセージの間にあります。

Version

利用可能バージョン: VectorWorks11.0

See Also

関連関数:

VS:SetLayoutDialogPosition

関連関数: [[VS:SetLayoutDialogPosition]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages