VS:GetLBItemOrigName/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix


Description

階層表示がONの時に、リストブラウザアイテムの元の名前を返します。アイテムがコンテナアイテムの場合には、空のストリングを返します。
FUNCTION GetLBItemOrigName(
dialogID  :LONGINT;
compenentID  :LONGINT;
itemIndex  :INTEGER) : STRING;
def vs.GetLBItemOrigName(dialogID, compenentID, itemIndex):
    return STRING

Parameters

dialogID LONGINT ダイアログ番号
compenentID LONGINT リストブラウザ番号
itemIndex INTEGER リストブラウザアイテムの番号

Return Value

指定したアイテムの元の名前を返します。

Version

利用可能バージョン: Vectorworks 2013

See Also

関連関数:

VS:AddLBOriginalName

関連関数: [[VS:AddLBOriginalName]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages