VS:CreateSwapControl/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix


Description

スワップペインコントロールを作成します。

複数の重なりあったコントロールのグループを、同時に表示される1つのコントロールのグループとして扱えます。ダイアログ内の他のデータに基づいて、どのグループを表示するか設定することができます。
例えば、左側にスクロール可能なリスト、右側にスワップペインコントロールといったダイアログがあったとします。ユーザが左側にあるリストの項目を選択すると、異なる組み合わせのコントロールが右側に表示され選択可能になります。初期設定ダイアログやタブペインコントロールでは効果的でない場合に使われます。

PROCEDURE CreateSwapControl(
dialogID  :LONGINT;
swapControlID  :LONGINT);
def vs.CreateSwapControl(dialogID, swapControlID):
    return None

Parameters

dialogID LONGINT ダイアログ番号
swapControlID LONGINT スワップコントロール番号

Version

利用可能バージョン: VectorWorks11.5

See Also

関連関数:

VS:CreateSwapPane | VS:DisplaySwapPane

関連関数:

[[VS:CreateSwapPane]]

| [[VS:DisplaySwapPane]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages