VS:BuildResourceList/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix

Description

指定した種類のリソースリストを作成して、リソースリストの番号を返します。リソースリスト内の値は、GetNameFromResourceListを使って取得することができます。

環境設定-標準リソースを表示 (#130) にチェックが入っていて、folderIndexパラメータの値が0でない場合、指定したフォルダ内にあるすべてのドキュメントに含まれる指定した種類のリソースすべてを含みます。
folderIndexパラメータの値が正の数の場合、アクティブなドキュメントと指定したフォルダ内にあるすべてのドキュメントに含まれる指定した種類のリソースがリソースリストに含まれます。
folderIndexパラメータの値が0の場合、アクティブなドキュメントにある指定した種類のリソースがリソースリストに含まれます。
folderIndexパラメータの値が負の数の場合、指定したフォルダ内にあるすべてのドキュメントに含まれる指定した種類のリソースがリソースリストに含まれます。

FUNCTION BuildResourceList(
TYPE  :INTEGER;
folderIndex  :INTEGER;
subFolderName  :STRING;
VAR numItems  :LONGINT) : LONGINT;
def vs.BuildResourceList(type, folderIndex, subFolderName):
    return (LONGINT, numItems)

Parameters

type INTEGER リソースリストに入れるリソースの種類の番号
folderIndex INTEGER フォルダの番号
subFolderName STRING folderIndexによって指定されるフォルダ内のサブフォルダの名前
numItems LONGINT リソースリスト内のリソースの数

Example

CONST
kHatch = 66;
kDefHatchFolder = 105;
VAR
listID, numItems: LONGINT;
BEGIN
{ Create a resource list of hatches from the current document and } 
{ the default hatch folder. }
listID := BuildResourceList(kHatch, kDefHatchFolder, '', numItems);

Version

Availability: from VectorWorks12.0

See Also

VS Functions:

VS:AddResourceToList | VS:DeleteResourceFromList | VS:GetNameFromResourceList | VS:GetResourceFromList | VS:ImportResourceToCurrentFile

VS Functions:

[[VS:AddResourceToList]] | [[VS:DeleteResourceFromList]] | [[VS:GetNameFromResourceList]] | [[VS:GetResourceFromList]]

| [[VS:ImportResourceToCurrentFile]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages