VS:AddChoiceItem/ja

From Vectorworks Developer
Jump to: navigation, search

.VectorScript|VectorScript ..VS:Function Reference|Function Reference ..VS:Function_Reference_Appendix|Appendix


Description

カスタムダイアログにリストアイテムを作成します。リストアイテムの種類(1:ポップアップ/2:リストボックス(複数選択可)/3:リストボックス(複数選択不可))
PROCEDURE AddChoiceItem(
choiceTitle  :STRING;
itemID  :INTEGER;
choiceType  :INTEGER;
x1  :INTEGER;
y1  :INTEGER;
x2  :INTEGER;
y2  :INTEGER);
def vs.AddChoiceItem(choiceTitle, itemID, choiceType, x1, y1, x2, y2):
    return None

Parameters

choiceTitle STRING リストアイテムのタイトル
itemID INTEGER リストアイテム番号(1から50まで)
choiceType INTEGER リストアイテムの種類
x1 INTEGER リストアイテムの左上のX座標
y1 INTEGER リストアイテムの左上のY座標
x2 INTEGER リストアイテムの右下のX座標
y2 INTEGER リストアイテムの右下のY座標

Example

AddChoiceItem('Topping Type',4,1,25,50,150,115);

Version

AddChoiceItem 廃止バージョン: Vectorworks 2010


利用可能バージョン: MiniCAD7.0

See Also

関連関数:

VS:InsertChoice

関連関数: [[VS:InsertChoice]]
Personal tools
NamespacesFFFF

Variants
Actions
Advanced Search
See Also
Navigation
Toolbox
In other languages